アイランドタワークリニック

ルネッサンス_悩み系

「増毛」タグの記事一覧

毛生え薬 いくら以上出す? 自毛植毛.comニュース

正月休み。久しぶりに会った学生時代の友人や親戚から、「老けたなー」なんて言われてしまった人もいるのでは? 歳を重ねれば見た目が変わるのは当たり前だが、できれば日々のトレーニングなどではなく、楽な方法でなんとかあがないたいもの。たとえば「老化を止める薬」なんてあれば理想的! ほかにも髪が薄くなったり目が悪くなったり…と、病気ではないが、一度進行してしまうと後戻りできない身体の悩みを解消できる「魔法の薬」について、若手会社員が思う「価値」を調査してみた(対象:20~30代の未婚男性会社員200人、調査協力/アイリサーチ)。

 

毛生え薬
3000円(平均:6万9817円、0円を除いた平均:10万5783円)
0円 34.0%
1~5000円 24.5%
5001~1万円 12.5%
1万1円~5万円 9.5%
5万1円~ 19.5%

【0円】「潔く頭を丸めなさいと思う」(26歳)
【0円】「自分には不毛な話だから」(30歳)
【1000円】「毛がなければないでいいから」(39歳)
【5000円】「自分は毛が多すぎるので、あまり必要性を感じないが、サラリーマン的にはこれくらいだと思う」(32歳)
【15万円】「ハゲの家系なので最近薄毛が進行してるのでこのくらいの値段なら出してもいいと思ったから」(27歳)
【20万円】「男性としては常に悩みとなる問題。3ヶ月で痩せられるダイエット教室などの料金くらいで毛が生えるなら将来試してみたい」(30歳)
【30万円】「ハゲ珍しくもないのでこの金額までなら」(28歳)
【100万円】「男はいつか直面する悩みなので、解決できるならいくらでも出せる」(34歳)

R25

平均の10万円では無理ですが、自毛植毛クリニックで自毛植毛をすれば薄毛から解放されます。もっと自毛植毛クリニックの存在が一般的なものになってくれれば良いと思います。

私自身、長年薄毛で悩んでいた過去がある自毛植毛体験者として、薄毛には自毛植毛が一番だと確信しています。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

「薄毛」がつらいのなら病院に行きましょう 自毛植毛.comニュース

「ホルモン」というと女性ばかりがクローズアップされがちだが、男性もまた男性ホルモンの支配を大きく受けている。特に中高年になると男性ホルモンが低下し、男性特有のさまざまな症状が表れる。

中でも外見については「薄毛」に悩む人が多く、内面については、意欲低下などうつ病とも間違われやすい「男性更年期」が挙げられる。男性の更年期については認知度が低く、自覚や実感のないまま苦しんでいる人も多い。

そこで、メンズヘルスに特化した診療を行うメンズヘルスクリニック東京の小林一広院長の話をもとに、前篇では「男性型脱毛症(AGA)」について、後篇では「男性更年期」について紹介する。

■  「薄毛」に医学的な定義なし

日本で薄毛や抜け毛に悩む人は1200万人以上と推定されている。だが「薄毛」に医学的な定義はなく、あくまで本人の主観の問題なのだと小林氏は話す。

「どのくらい地肌が見えたら薄毛、といった薄毛に対する医学的な定義はありません。本人が気にするかどうか、捉え方次第なのです」 その線引きの難しさが余計に不安を募らせるのかもしれない。

日本人の毛髪は頭部全体で10万本ほど。毛髪には成長期、退行期、休止期といったサイクルがあり、その周期は1本1本異なるため、通常は一斉に生えたり、抜けたりすることはない。

休止期にある髪は全体の約1割(1万本)で、休止期が約3カ月であることから、平均すると「1日100本抜ける」という目安が出てくる。

ただし、小林氏はこの数字が独り歩きしてしまっていると指摘する。
.

「1日120本抜けたから異常というわけではなく、休止期の長さや、休止期にある毛の割合によって大きく変動します」

■ 分かれ道は「DHT」への感受性

医学的には、思春期以降の男性に発症する進行性の脱毛症(「男性型脱毛症」)のことを「AGA(Androgenetic Alopecia)」という。薄毛、脱毛に悩む男性の8割以上が男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)に該当すると言われている。その割合は20代では10%で、加齢とともに発症率は高まり、50代では40%以上に及ぶ。

「脱毛にはさまざまな理由が考えられますが、AGAに関しては、遺伝的な要因が大きいと言わざるを得ません」と小林氏。なぜ遺伝が関わるのかについては、まずAGAのメカニズムを知る必要がありそうだ。

AGAでは、髪の成長期の期間が短くなることで、毛が細く柔らかく短くなる。この状態が進行すると、やがて休止期から成長期に移行しなくなってしまう。ここに、男性ホルモン「テストステロン」がAGAに深く関わっていることが研究によって分かってきている。

「5α-リダクターゼ」という還元酵素によって、「テストステロン」は「ジヒドロテストステロン」(DHT)に変化する。このDHTが脱毛を促進させるシグナルを出しているのだ。

「DHTが髪の毛に作用すると、発毛の司令塔である毛乳頭を委縮させ、毛母細胞の成長が抑制されてしまうのです」

よく「男性ホルモンが多いと薄毛になりやすい」と言われるのも、ここに所以があるのだろう。だが、問題なのは男性ホルモンそのものではない。

「男性ホルモンは誰しも持っています。では、分かれ道はどこかというと、DHTに対する毛乳頭と毛母細胞の感受性の違いにあります」

これが、多く抜けるようになるタイミングや、抜ける量の個人差として現れるという。毛乳頭細胞と毛母細胞にはDHTの受容体がある。この受容体の感度が高いと、少量のDHTにも敏感に反応するため、AGAが進行する。逆に感度が低いと、DHTが分泌されてもAGAが進行しにくいというわけだ。

■ 個人差どころか細胞差あり

このDHTに対する感受性の違いを生み出す理由の1つが遺伝だ。ただし、何パーセントの確立で遺伝されるのか、現状、数値化することは難しいという。

「遺伝だけが原因であれば、一卵性双生児の2人で薄毛の進行は同じ程度になるはずです。しかし、我々の研究においても、仕事や食生活、酒や喫煙などの生活習慣によって同じ年齢でも進行度合いは異なりました。つまり、遺伝が全てではないということです」

さらに、同じ人でも部位によってDHTに対する感受性は異なる。頭頂部と前頭部から薄くなりやすく、後頭部は抜けにくいのは、そのためだ。だからこそ、後頭部の毛を移植する自毛植毛が医療として成り立っているのだ。

そして、加齢に伴い、テストステロンの分泌量は減る。一方で、DHTの量は増える。これが、AGAが中高年から増える一因になっている。

■ ジャッジは?  対処法は?

さて、薄毛が気になる場合は、まずAGAなのかどうか確認する必要がある。そこで、小林氏著書『病はケから 老けない体と心の作り方』より、簡単にセルフチェックする項目を紹介する。いくつ当てはまるだろうか。

1.抜け毛が増えてきた
2.家族、親族に薄毛の人がいる
3.頭皮が硬い
4.同世代より頭髪の量が少ない
5.日ごろからストレスを感じている
6.睡眠がきちんと取れていない
7.食生活が乱れてバランスの良い食事が摂れていない
8.他の男性と比べて体毛が濃い
9.喫煙の習慣がある
10.飲酒の習慣がある

上記10個中、5個以上当てはまる方はAGAの可能性が高いと考えられている。では、実際にクリニックではどのような診断・治療が行われているのだろうか。

「まずどの辺が薄くなっているのか、頭皮の状態、年齢、家族歴などから総合的に判断します。頭皮の炎症やトラブルがなく、薄くなっている部位が頭頂部や前頭部で、遺伝性も高そうだ、といった具合です」

「AGAだということになれば、民間療法に頼るよりは、専門クリニックで治療を受ける方が有効かつ確実だと思います。血液検査で、男性ホルモンの数値や、薬の投与が体に与える影響がないかなど調べた上で、適切な内服薬や外用薬を処方することができます」

 

ただ、疾患として捉えるかどうかについては賛否両論があると小林氏は言う。例えば、骨粗しょう症となれば治療わけだが、シミ・シワと同じように薄毛を加齢に伴う現象と捉えれば医療ではなく美容の範疇になるだろう。

「直接、命に関わらないので軽視される部分はありますが、本人の主観によるものだけに、中には追い込まれる人もいます。その思いが程度によっては精神疾患になる。毎日、排水溝に落ちた髪の毛の数を数えて・・・これはもう強迫性障害です」

そこで、大なり小なり薄毛に悩む多くの人に対し、小林氏は精神科医としてメンタル面のケアにも力を注いでいる。

薄毛と思うかは本人の主観ではあるが、薄毛が心配になれば周囲の目も気になる。周りの人が自分の頭を見ている、薄毛であることを馬鹿にしていると思い悩む人も多いだろう。そして、その念慮が確信に変わり「被害を受けている」と断定的に思い込めば、被害妄想となる。こうなると、明らかに精神疾患であり、一人ひとりの気持ちに寄り添った長期的なメンタルサポートが必要となる。

メンズヘルスクリニック東京に来院する人の9割がAGAの治療が目的だという。そして、残りの1割は不妊治療と男性更年期の患者だ。

男性にも更年期があることはあまり認知されていないかもしれない。しかし、AGAとは違い、「更年期は気持ちの問題ではない」と小林氏は語る。性ホルモンの低下は誰にでも起こることだからだ。後篇では、男性更年期について紹介する。

JBpress

自毛植毛なら確実に薄毛の悩みから解放されます。また、自毛植毛クリニックでは、プロペシア等の薬によるAGA治療も行っているので、どんな薄毛治療が自分に合ってるかを、自毛植毛クリニックの無料カウンセリングで相談するのも良いと思います。

薄毛の悩みは、自毛植毛クリニックの専門の医師に相談するのが一番だと思います。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

植毛の方がいいものだということは分かりますが、育毛や発毛において同程度の効果を見込むには、どの程度の費用感が必要となるものでしょうか。

育毛や発毛に対して植毛が即効性もあり効果の実証性もあるのはわかりましたが、植毛についてしか書かれていないので、育毛や発毛でどの程度のコストがかかるのかがよくわかりませんでした。
植毛の方がいいものだということは分かりますが、育毛や発毛において同程度の効果を見込むには、どの程度の費用感が必要となるものでしょうか。

植毛は大体40万位からかと思いますが、それに対して、育毛サロンであれば、50万から200万以上。
自分で育毛剤を買って行うとしても、月3万程度はかかりますから、効果を見込める1年スパンで見ると40万弱。
自分で行うなら、育毛は植毛よりもやや安いといえなくもないですが、しかし、それは効果に対して保証がないですし、効果が出るにしても時間もかかります。
それならば、植毛の方がいいのではないかと思ったりします。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

ふりかけるだけで見た目激変!使ってわかった最新薄毛対策グッズのお手軽度

職場や家庭での小さなストレスに悩まされている人は多い。ストレスは自律神経やホルモン分泌のバランスを崩す原因のひとつで、放っておけば健康にも害を及ぼしかねない、非常に厄介なものなのだ。

 うつや不眠に発展する要因であるのはもちろん、身体機能にも大きな影響を及ぼし、高血圧や狭心症を引き起こすほか、外見面においては薄毛を引き起こす要因とも言われている。

■今や薄毛は中高年男性だけのものではない

 実際、ストレスの多い30~40代で薄毛に悩まされている人は多い。まだ髪の毛はあるものの、部分的に薄くなりはじめていることに危機感を感じはじめている人たちだ。

 ちなみに日本人に多いといわれる薄毛のタイプは主に2つある。ひとつはつむじから徐々に薄くなっていくO型タイプで、これは普段自分で見ることのない後頭部から少しずつ進行していくから、気がついた時にはかなりの進行具合になっていることが多いパターンだ。

 もうひとつはU型タイプ。生え際からドンドン薄くなりはじめ、みるみる額が広がっていくので、自分で気がつくのも早いが、当然他人に気がつかれるのも一番早い。

 ちなみにO型とU型が同時に進行するなんて人も少なくない。この場合は前から後ろから薄毛が広がっていくので、その速度は極めて早く注意が必要だ。

 また、最近ではSNSの付き合いによる精神的ストレスや、PCやスマホ閲覧による眼精疲労からなる薄毛もあると言われ、今や20代の若者でも人知れず薄毛の悩みを抱えている人は多い。もはや薄毛は中高年男性のものだけではなくなっているのが現状なのだ。

■手軽にスピーディーに薄毛対策

 とはいえ、そんな侵食する薄毛問題に、手をこまねいている訳にもいかない。30代後半からO型タイプの薄毛に悩み始めたというAさん(42歳)がこう話す。

「それまでは、せいぜい毎日の洗髪を念入りにするぐらいでしたが、近頃は育毛トニックを使ったり、毛穴に汚れを詰まらせないようスッキリ頭皮を洗うよう心掛けるようにしました。また、最近では育毛トニックから血行促進成分の含まれる発毛剤に切り替えるなどしていますが、これ以上カネもヒマもつぎ込む余裕はありませんね。実際、これで確実に髪が生えるという保証もありませんし‥‥」

 そんなAさんが奥さんと相談して使ってみたのが、「ザ・ウェルシー」という薄毛隠しパウダーだという。

「ふりかけタイプのパウダーは昔からありますが、最近の製品はよりナチュラルに薄毛を隠すことができるようになっています。しっかりと髪の毛1本1本が太い髪になり、ふっくらとしたまま自然に馴染むんです」

■薄毛に見えるのは、本数ではなく髪の毛の太さだった

 頭髪量の印象は、同じ本数でも見た目がふっくら見える場合と、スカスカに見える場合があり、その要因のひとつが「髪の本数」ではなく「髪の太さ」にあると言われている。

「ザ・ウェルシー」には静電植毛用繊維(パイル)が配合され、頭髪の薄くなった部分にふりかけると細いうぶ毛にも成分が付着し、不足していた髪の太さを補ってくれる。Aさんも頭頂部にふりかけ、ブラシで何度か撫で付けるように馴染ませただけで「瞬間ボリュームアップ」ができたという。

「最初、おそるおそる手にふりかけてみたら、今まで触れたことのない不思議なザラザラ感。ティッシュでぬぐうだけでサッとふき取れたので安心しました。慣れないうちは多少時間がかかりましたが、今ではざっと30~40秒ほどで仕上げられるようになりました」(Aさん)

 気になっていた白く透けて見える地肌が、フサフサとした黒毛で覆い被さっていることに、奥さんも喜んでくれているという。

「頭皮に粉を塗ってごまかすのではなく、しっかりとボリュームのある髪を作るのがいいですね。妻に引かれるかと思いましたけど、『5歳くらいは若返ったんじゃない? ハゲてるよりずっといいわよ』と、言ってくれました。毎日使うのもいいですが、出かける時だけでなく、仕事で女性が多い営業先に行く時、子どもの授業参観や運動会、同窓会など、若さをアピールしたい時は絶対に使いますね」(Aさん)

Aさんによれば、このパウダーを上手に使うポイントは、最後のチョットしたひと手間にあるという。

「ふりかけて馴染ませた後、最後に市販のヘアーセットスプレーを軽く吹きかけるんです。こうすると、付着したパウダーがしっかり髪の毛につくので、ボリューム感を出せるんです」

 でも、「黒々すぎて不自然では‥‥」と不安に思う人がいるかもしれない。そんな人にはブラックの他に、ダークブラウン、ブラウン、シルバーグレー、ホワイトの5色用意されていて、個人差のある髪の色にもバッチリ対応している。いまなら初回限定980円(送料無料)での“お試しセット”がキャンペーン中とのことなので、薄毛が気になる人は、一度取り寄せてみるといいだろう。

参照元 asagei+

最近のふりかけタイプの薄毛を隠す商品も技術が上がってきていて、以前のように雨等で濡れてしまうと落ちてきてしまう塗るタイプから、毛髪に繊維を付着して毛髪を太く見せることによりフサフサのように見せるタイプが主流になってきたようです。

自毛植毛をした後は、毛髪が生え揃うまで数か月の期間がかかるので、その間はこのふりかけタイプでカバーするという選択肢も良いと思います。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

自毛植毛9ヵ月後(画像付)

自毛植毛から9カ月経過すると、自毛植毛した毛髪は順調に成長し、密度も出てくるので自毛植毛した部分の薄毛は気にならなくなっていると思います。ボリュームも出てくるので髪のセットが楽しくなってきます。

自毛植毛前→自毛植毛9か月後

e072b019-se5f316dd-s

5973242662349890111-700x466after270

IMAG10462014101107082651b

t02200293_0800106710668536933t02200293_0480064011037629744

950027e5-sd1138f6a-s

 

 


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

自毛植毛はどんな方にお勧め

薄毛対策は様々な方法があります。

育毛剤や、飲み薬、シャンプー、カツラ、増毛

育毛剤や飲み薬は、長期的に行っていかないと効果を得ることは難しく、継続的に続けていかないとならないので費用もずっとかかってしまいます。また、効果がでるかどうかの確証はありません。

カツラや増毛はも定期的なメンテナンスが必要で、そのたびに費用をかける必要があります。

それに対して自毛植毛は、誰にでも確実に効果があり、一度自毛植毛を行えば、アフターケアの必要がないので、継続的な費用は発生しません。なので、長期的に見て他の薄毛対策よりも安くなるので、経済的にずっと薄毛対策をしていくことが難しい方にお勧めです。

また、かつらや増毛は、急に不自然に髪の毛が増えるので、周囲の人にバレやすいという不安が残ります。
植毛であれば徐々に毛髪が成長していくので、より自然に周囲の人に気づかれることなく薄毛の悩みから解消されることができます。

長期的に考えると、費用も安いし、自然な仕上がりになる自毛植毛は全ての方にお勧めの薄毛対策です。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 
サブコンテンツ

このページの先頭へ