アイランドタワークリニック

ルネッサンス_悩み系

「プロペシア」タグの記事一覧

植毛について質問です。普通に戻すために植毛すると代金はどれくらいかかりますか?

植毛について質問です。
私の知人が頭の上が薄くなり、いわゆるカッパになってきました。
範囲はそれほどでもありませんが、普通に戻すために植毛すると代金はどれくらいかかりますか?

一年前に、生え際全体に2500本植えました。自分の後頭部から毛穴を移植するいわゆる「自毛植毛」です。
費用は64万円です。
ボクは、直前まで「自毛植毛」の存在を知りませんでしたが、調べまくった結果、コレしかないと判断しました。
ボクは、一般的に見るとハゲではないです(オデコがやけに広い感じ)。
ただ、医者に「AGA」と診断されたので、ハゲる前に植えてしまいました。
リーブやアデランスといった悪徳業者が暗躍し、500万かけても生えてこなかった(先日の判決では原告の勝利)など、ハゲ産業は詐欺の宝庫です。
そんな中、数十万円で半永久的な毛髪(しかも自毛)を入れられたのですから、個人的には満足しています。
ただ、やはり簡単とはいっても手術ですので、リスク無しかといえばそうではないです。
採取した部分には薄い線のような傷が残ります(将来スキンヘッドにはできないでしょう)。
また、植えた場所は生涯生え続けるので、その他の毛(AGAが進行する毛)とのバランスが課題になるかと思われます。
いずれにしても、よーく調べて検討してください。
もちろん、植毛したからと言って「AGA(男性型脱毛症)」が治るわけではないので、フィナステライドなどによる治療は続けることになります。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

薄毛薬でファイザーが後発品 バイアグラの敵を討てるか

2005年の販売開始以来、10年にわたり市場を独占していたMSDの男性型脱毛症(AGA)治療薬「プロペシア」。

その日本初のジェネリック医薬品(後発品)「フィナステリド」(一般名)が、製薬世界最大手ファイザーから4月6日に発売された。後発品とは新薬の特許が切れた後に競合他社から投入される同じ有効成分の薬で、低価格が売りだ。

「マイナス影響は避けられない」。MSD関係者がそうため息をつくように、一部では早くもプロペシアへの強い逆風が吹いている。

発売日からの1週間。プロペシアの格安販売で知られる東京・新宿ウェストクリニックでは、プロペシアの販売数が約3000錠だったのに対し、ファイザーの後発品はなんと約4万錠。10倍以上の大差がついたという。

その理由は、言わずもがな、価格にある。自由薬価のため、価格は個々のクリニックの値付け次第だが、東京都内のプロペシアの相場は1カ月分(1ミリグラム28錠)で7000~8000円だ。これに対し、ファイザーの後発品は5500~6000円と、3割ほど低く抑えられている。

AGA市場争奪の緒戦においてファイザーは、自社のED(勃起不全)治療薬「バイアグラ」で昨年に他社の後発品が登場して被った痛手の敵を討った格好だ。

だが、ファイザーが発売した後発品が、200億円前後とされるプロペシア市場をこのまま一気に塗り替えると考えるのは早計だ。

すぐに効果を実感できるED治療薬と違い、フィナステリドはプロペシアと同じく、効果を実感できるまで半年以上の服用が必要となるため、ヘビーユーザーほど切り替えへの心理的抵抗が大きいからだ。

「プロペシアで効果を実感している人が切り替えるには、月額2000円程度の差では不十分だ。だが、さらに他社からも後発品の投入が続き、一層の価格破壊が起きれば、シェアを覆せる」とは当のファイザー関係者だ。

新薬を控え混戦模様

実際、05年の販売開始以来、プロペシアを愛用しているという都内の男性会社員も、今は様子見だ。「半値ぐらいまで安くなれば切り替えるが、それで効果がなければ元のもくあみ。現時点ではプロペシアを続ける」(男性会社員)。

一方で、ファイザー、MSDが共倒れする危険性もある。

グラクソ・スミスクライン(GSK)が、前立腺肥大症治療薬「アボルブ」(一般名・デュタステリド)を、AGAの“新薬”として申請中だからだ。プロペシア(フィナステリド)より治療効果が高いと目されており、承認されれば市場を一気に席巻しかねない。

承認は早くとも来年以降とみられているが、AGAをめぐる製薬会社の戦いは混戦となりそうだ。

参照元 週刊ダイヤモンド編集部

プロペシアの独占市場だったフィナステリド配合の治療薬でしたが、後続の薬が出てくることによって、低価格になり、購入しやすくなってくるのはよいことだと思います。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

薄毛治療を低価格で!AGAのジェネリック治療薬が発売に

ファイザーは今年2月、AGA(男性型脱毛症)の後発医薬品『フィナステリド錠「ファイザー」』の製造販売認証を受けました。AGA治療薬のジェネリック医薬品としては、国内初となる製品。これにより、高額になりがちなAGA治療が、より安価に受けられるかもしれません。

◆国内初のプロペシアの後発医薬品
ファイザー株式会社が発売するのは、有効成分量が異なる『フィナステリド錠0.2?「ファイザー」』および『フィナステリド錠1?「ファイザー」』の2種類。国内では、MSD株式会社が2005年から『プロペシア』の製品名で発売しているものと同様の成分を含みます。少々ややこしいですが、フィナステリドというのは有効成分名のことで、MDSの『プロペシア』にも同じフィナステリドが配合されています。

◆AGA治療は自由診療
AGA、いわゆる若ハゲに有効な薬品として、アメリカ食品医薬品局が認めているのは、現在フィナステリドとミノキシジルの2種類のみ。ミノキシジルについては、一般用医薬品として『リアップ』という製品が薬店などで販売されています。一方、病院で処方されるAGA治療薬としては、これまで『プロペシア』しかありませんでした。AGA治療は基本的に自由診療なので、健康保険は適用外。診察代や薬代などは全額自己負担となります。今回、ジェネリック医薬品である『フィナステリド錠「ファイザー」』が発売されることで、治療薬の選択肢が増えることになります。

◆ジェネリックでコストダウン
一般的にジェネリック医薬品の価格は、先発医薬品の7割程度と言われています。ジェネリック医薬品で3割近くコストダウンできるとなれば、AGAの治療もさらに身近になりそうですね。なお、ジェネリック医薬品を利用したいときは、薬局で処方箋出す際にジェネリックを希望する旨を伝えればOKです。処方箋の「後発医薬品への変更不可」欄にチェックが入っていることもありますが、その場合は薬局を通じて医師に問い合わせるといいでしょう。

参照元 Mocosuku編集部

現在プロペシア等のフィナステリド配合のAGA治療薬のジェネリック薬は日本では認可されていないので、高価でもクリニック等で処方してもらうか、インターネット等を通じて海外からジェネリック薬を購入するしかありませんでした。

プロペシアのジェネリックが国内で認可されることにより、価格が高すぎて毎月購入を諦めていた方もAGA治療を受けられるようになり、薄毛の悩みから解放される方が少しでも増えれば良いですね。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

フィナステリド配合AGA治療薬

最近では、一般的になってきた病院でのAGA治療(薄毛治療)で出される治療薬がプロペシアというフィナステリド配合の治療薬です。

フィナステリドは「DHT阻害薬」であり、元々は良性前立腺肥大の治療薬として認可されていたのですが、男性型脱毛症の最大の原因と言われている強力な 脱毛作用のある男性ホルモンを生成を抑制する効果があることが発見され、男性型脱毛症の治療薬としてFDAに認可されました。

5年間の調査研究で、フィナステリド(1日1mg)を服用した男性の9割に薄毛改善の効果が認められました。(42%に脱毛の停止、48%に脱毛の停止と毛髪の再成長)。

臨床研究によれば、フィナステリドは頭頂部と生え際の両方に効果があるが、より効果が高いのは頭頂部であるとされています。

プロペシアを病院で毎月処方してもらうのは決して安くありません。

そこで、プロペシアや、プロペシアと同じ成分のフィンペシア等のプロペシアのジェネリック薬を海外からネットで購入する方も多くなっています。

プロペシアフィンペシア


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

ニゾラル (ニゾーラル)(ニナゾール) シャンプー

ニゾラル (ニゾーラル)(ニナゾール) シャンプーとは、ケトコナゾール配合のシャンプーです。

ケトコナゾール合成抗真菌薬で定期的に使用することにより、頭皮を殺菌するので、脱毛原因となる過剰な皮脂を減らし、頭皮の環境を改善します。

ケトコナゾールの最大の効果は殺菌作用ではありません。ケトコナゾールは薄毛の最大の原因となるDHTを抑制する効果があります。

その効果は、有名な薄毛治療薬、プロペシア等に配合されているフィナステリドと同程度の効果があると言う論文が発表されているほどです。

また、フィナステリドや2%ミノキシジル外用薬を単独で使用よりも、ケトコナゾール配合シャンプーとの併用の方が効果が高いとの論文も発表されています。

ニゾラルシャンプーの使用方法

基本的には普通のシャンプーと同じように使用しますが、洗い流す前に5分程放置した方が効果的と言われています。

ニゾラルシャンプーは、最初の1ヵ月は週2〜3回使用、その後は1週間に1回の使用に回数を減らします。

 

ニゾラル(ニナゾール) シャンプーは日本では売っていませんが、購入したい場合は輸入代理業者等を利用することができます。

ニナゾル


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

精子に影響!? 薄毛治療「フィナステリド製剤」に隠されたリスクとは

「最近抜け毛が多いな……」「前に比べて頭皮が見えてきた」など、今までにはなかった悩みを抱えていませんか?

薄毛は男性としての自信を失ってしまうおそれのある、重大な問題です。最近では薄毛治療剤など簡単に手に入る時代となり、アレコレと試みている人も多いのでは?

しかし、その薄毛治療剤が男性にとって大変キケンであるかもしれないことが判明しました。

 

■フィナステリド製剤は精子に影響あり!

“フィナステリド製剤”をご存知ですか? 今や薄毛治療剤として有名で、皮膚科やAGA専門病院で処方を受けたり、ネットで入手できたりと一般的になっています。

しかし、そのリスクはきちんと把握していますか? 実は、フィナステリド製剤の服用により、精子の数の減少や精子のDNAにダメージを与え、無精子症のレベルまで悪化させるおそれが報告されています。

フィナステリド製剤の効能書には、“その他の副作用”として

「1~5%でリビドー減退(性的欲求が衰退すること)」
「1%未満で勃起機能不全、射精障害、精液量減少」

と記載されています。

それだけでなく、海外では精液からのパートナーへのフィナステリドの暴露を避けるため、コンドームの使用を勧めているとのこと。特に妊婦の場合は、胎児の性分化に影響するおそれもあるのだそうです。

日本でもAGA啓発サイトでは、「妊娠中の婦人が本剤を服用したり、破損した錠剤に触れて有効成分が吸収されたりすると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。」と明記されています。

薄毛治療のために気軽に服用してしまっているかもしれませんが、その危険性は重大。特に、若い男性は見過ごせない問題ですね。

■フィナステリド製剤には後遺症もあり

さらに、海外では、“フィナステリド症候群”というフィナステリド製剤を服用しての後遺症が問題視されています。

その内容はというと、「リビドー減退や勃起機能不全、射精障害は投与中止後も継続したとの報告がある」というもので、今ではフィナステリド製剤の説明書に使用上の注意として明記されています。

医薬品とはいえ、リスクを考えずに安易に服用してしまうと抜け毛以上に深刻な問題を抱えてしまうおそれもあるのです。

薄毛治療は長期戦で、早期から根気よく治療することが重要視されています。長きに渡って治療をする必要があるからこそ、そのリスクについて十分に知っておく必要がありますね。

ぜひこれを機に今一度よく検討してみてはいかがでしょうか?

参照元 nikkanCare.ism

フィナステリドの副作用で性欲が減退すると言うのは前から聞いたことあったのですが、私は副作用は出ず、全く依然と変わらないです。

副作用も個人差があるようですね。

もしもフィナステリドの副菜用が怖い方はやはり、自毛植毛が良いと思います。副菜用もなくアフターケアも必要ない自毛植毛はお勧めです。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 
サブコンテンツ

このページの先頭へ