アイランドタワークリニック

ルネッサンス_悩み系

枕につく抜け毛の本数が毎日○○本を超えたら薄毛の危険性あり

抜け毛はどれくらいまでなら安全といえるのでしょうか? 専門家にその判断ラインについて伺いました。そして、抜け毛を防ぐための対策についてもお聞きすることができましたので、ご紹介いたします。

20代男性からの相談:「薄毛になる危険性の高い抜け毛の量はどれくらいなのでしょうか?」

最近抜け毛が増えてきたように感じています。
もともと人は毎日毛が抜けるものだと聞いたことがありますが、それにも限度があると思うのです。朝起きたら、枕に毛がびっしりとついているため、これはもう髪が危なくなってきた証拠ではないかと戦々恐々としています。
このままだと近い将来薄毛になってしまうかもしれません。
どの程度までの抜け毛だったら安全と呼べるのか、安全と呼べなくなる抜け毛の量はどのくらいか、その線引きを私は知りたいのです。
100本を超える抜け毛が毎日続くなら危険かもしれない専門家によれば、朝枕についている抜け毛が100本を超えれば薄毛になってしまうかもしれないといいます。しかし、個人差はあり、徐々に進行するのが薄毛です。薄毛は薄くなってから初めて気づくものなのです。

私たちの毛髪は毎日抜けて新しく生えてきてきますが、その本数はかなり個人差がありますし、同じ人でも毎日同じような本数が抜けるわけでもありません。(看護師)

かなり差がありますが、少なければ20本程度で、多ければ100~150本以上といわれています。つまり、それ以上の抜け毛が持続的にあるのであれば薄毛になっていくリスクがあるといえるでしょう。(看護師)

薄毛の危険性のある抜け毛の本数ですが、医療的に何本というのはありませんが、民間調査では1日に抜ける本数は50~100といわれています。そして、その季節は秋といわれています。(医師)

その毛が抜毛なのか切れ毛なのかで変わってきます。抜け毛は生え代わりが大半ですので、また生えてきますが、環境により生えない場合があります。頭皮がなくなる場合、頭皮栄養がいきわたらない場合などがあります。(医師)

しかし、毎日の抜け毛を正確に把握することは困難です。もし枕についているだけで100本もあれば要注意でしょう。抜け毛は寝ている間だけのものではないので、寝てる時間だけでそれだけの抜け毛があるならば、日中でも抜け毛が出ているはずです。(看護師)

どれくらい抜けてもいいという安全の線引きはありません。他人から見て薄くなったねと言われると危険と思ってください。(医師)

抜け毛対策としてやれること

抜け毛を増やさないために今からできることをやっていきましょう。

早い段階から生活習慣の改善などで対策もできますので、今からでも見直せる点はないか考えてみましょう。(看護師)

抜け毛で一番多いのは洗髪時です。対策として、シャンプーは無添加のもの使って頭皮に直接かかる量もできるだけ少なくしてください。洗髪後は自然に乾かして、ドライヤーの温風はできるだけ避けてください。(医師)

もしお使いでしたら、整髪料も頭皮につかないようにしてセットしてください。(医師)
オトコクラス

自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

 自毛植毛、アイランドタワークリニック無料カウンセリング予約はこちらから
アイランドタワークリニック



自毛植毛に関する質問、疑問を募集しています。気軽に書き込んでください

コメントを残す

*


6 + 二 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ