アイランドタワークリニック

ルネッサンス_悩み系

「2015年5月」の記事一覧

実は薄毛に逆効果!誤解しがちな抜け毛対策は?

成人男性の3人に1人が悩まされるという薄毛。最近では、様々な対策や予防法が登場し、多くの男性に希望の光が差し込んでいる。しかし、誤った対策をしては本末転倒、むしろ薄毛が進行しかねない。いろいろな対策や予防法が生まれているいま、どのようなことに注意して抜け毛を防げばよいのだろうか。

 

男性と女性では薄毛になるメカニズムが全く違うので、分けて説明する必要がありますが、薄毛になる男性の多くは「男性型脱毛症(AGA)」で、成人男性の約30%が発症すると言われています。また、遺伝的な背景のない人でも70歳などの高齢になると、加齢によって薄毛になっていきます。

男性型脱毛症の2つの条件があります。1つは、遺伝です。もう1つは、男性ホルモンの影響です。思春期以降になると、睾丸でつくられる男性ホルモンであるテストステロンの血中濃度が上がり、日本では早い方では10代の終り、多くは20代半ばから顕著に薄毛の症状が出始めます。それが進行し、多くの男性が意識するようになるのが30代から40代です。

日本人の場合、脱毛のパターンは、剃り込みの部分からどんどん薄毛が進行する「M字型」、生え際が後退する「前頭部型」、つむじの部分からO型に薄くなる「頭頂部型」があります。また、前頭部と頭頂部から両方薄毛が進行して、側頭部だけ残る複合型もあります。

側頭部は男性ホルモンの影響を受けにくい場所なのであまり薄くなりませんが、ホルモンに関係なく毛が細くなりやすい傾向の方もおられます。

 

一方、女性の場合は30半ばから髪のボリューム感がなくなり悩む方が増えます。原因の1つは、髪の直径が細くなること、もう1つは毛髪の数の減少です。また、女性でも更年期手前から男性型脱毛症を発症することがあります。女性にも男性ホルモンが男性の10分の1程度流れているのですが、更年期前後から女性ホルモンの血中濃度が下がることで相対的に男性ホルモンの影響を受けやすくなり、男性型脱毛が発症しやすくなるからです。ただ、不思議と男性とは脱毛のパターンが異なり、頭頂部全体に少しずつ薄くなる「びまん性脱毛」の方が多いのが特徴です。

● 抜け毛予防のために シャンプーをしないのは無駄だった!

――薄毛が気になると、抜け毛の数も心配になります。どの程度の抜け毛なら問題はないのでしょうか?

男性型脱毛症かどうかを判断する前に、脱毛には他の病気のリスクもあります。1日で数千本が急速に抜けたり、一部が抜ける円形脱毛症の場合は、AGA以外が原因の場合もあるので必ず医師の診察を受けましょう。

日本人の頭髪の毛は約10万本と言われており、通常の脱毛は毛周期に一致して起こるものなので、1日100本程度の抜け毛なら全く気にする必要はありません。気にしないのが一番です。抜け毛を防ごうとシャンプーを毎日しない方がいますが、それは抜けるべきものが残っているだけで、シャンプーした際にまとめて抜けることになります。3日ぶりにシャンプーをすれば、3日分が一気に抜けるだけなのです。髪を洗わずとも悪影響はありませんが、髪を残すためにシャンプーしない、ブラッシングしないというのは間違いです。

毛周期は、成長期から始まって1日平均0.35ミリ、1ヵ月1センチほど伸びます。これが5~6年続きますが、永遠に髪が伸びるわけではありません。そこから毛根が萎縮する退行期が2~3週間あり、さらに休止期が3~4ヵ月続き、毛根から新しい髪の毛が作られ始めると毛が抜けます。

太い頭髪では1つの毛穴から約6年おきに毛は入れ替わっていますが、毛根によって周期がバラバラなので毎日100本ほど抜けることになるのです。ただ、他の動物のように秋口や体力が落ちた夏の後は栄養状態も影響して抜け毛が増えたりします。また、大病をすると髪の毛が抜けやすくなるのは、髪は生命の維持に影響がないため、他の部分に栄養が取られるからとも考えられます。

――普段の生活でやってしまいがちな、髪に悪影響を与える習慣はありますか?

髪の毛や頭皮をきれいにしようと1日2回シャンプーで髪を洗う方がいますが、毛を作る毛根にも、髪の毛自体にもよくありません。刺激が多いほどダメージが増えるからです。髪自体と毛根へのダメージを分けて考える必要がありますが、いずれも過剰な刺激のあるシャンプーで炎症やかゆみ、赤くなったりフケが増えたりする場合はシャンプーそのものが合っていませんから使用を中止しましょう。育毛作用のあるものを使うことがあると思いますが、全員に合うわけではありません。無理して使うとマイナスです。

現代社会では髪がダメージを受ける機会が多くなっています。原因の多くは、紫外線とドライヤーの熱とドライアップの際などの物理的な刺激です。髪が濡れているうちに強くタオルで拭くと、大きなダメージでキューティクルがはがれてしまいます。ドライヤーはぬるい温度で、ブラッシングもゆっくりやさしくしましょう。また脱色のブリーチなどの化学薬品もダメージヘアの原因です。

髪のキューティクルがはがれること自体は抜け毛にはつながりませんが、毛が折れたり、切れたりすれば、まとまりやツヤがなくなるので、見た目が劣化します。毛根で生まれたときはキューティクルが6~7層ありますが、どんどんはがれ、30センチほどの毛の先端はキューティクルがゼロのことも。先端がまとまらない、パサつくのはそのせいです。そうしたダメージを想定してケアしましょう。

また、栄養バランスのとれた食生活も大切です。よくわかめがいいと言われますが、これを食べればいいという物はありません。髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンで、皮膚の表面の角質や爪と一緒。栄養状態が悪ければ、髪は作れないのです。

 

――薄毛の進行を止めるには、何が最も効果的でしょうか?

男性の薄毛は発症すると必ず進行します。放置して薄毛が元に戻ることは自然現象としてありません。進行がゆっくりで変化を感じない方もいますが、努力でしか回避できないのです。気合では止まりませんので、まず男性の場合は育毛剤が適切です。軽い時期には軽い育毛剤で、進行して日常生活に影響が出る場合には強いものを使いましょう。外用剤ではミノキシジルという成分を含有したもの、フィナステリドという内服治療薬も出てきており、かなりの効果を得ることもできます。それでも効かない場合は、いろんなものを組み合わせるのも1つの方法です。

例えば、発毛LED療法やローレベルレーザー、育毛剤を内服と外服を組み合わせて使用したり、それでも効果のないときは自毛植毛という方法もあります。

育毛剤の場合、種類がたくさんありますが、日本皮膚科学会では使い方のガイドラインを作り、どんな状態にはこれが有効という方法を示しています。気になる方は、一度ご覧になってみてください。

進んできた方は、自分の状態をまず知ることが大切です。専門家である毛髪診断士や病的な場合は皮膚科の診断が必要です。医薬品としての育毛剤も出ていますから、処方が必要な場合もあるので、お医者さんに行きましょう。

育毛剤は成分によって特徴が様々ですが、医療でも推奨している「ミノキシジル」には血圧降下作用があります。大量に使うと、血圧が下がる可能性もあり、頭頂への外用ではあまり影響はないと思いますが、内服で使う場合には注意が必要です。最近、ネットなどで海外の育毛商品を購入する方も増えていますが、循環器系への影響もありますから個人での使用は勧められません。

また、よくスカルプシャンプーで育毛をしようと勘違いする方がいますが、それらに育毛作用があるわけではありません。育毛しやすい状態に頭皮を整える下地作りになりますので、それを理解して使用しましょう。

ダイヤモンド・オンライン


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

頭の傷痕に植毛などは出来ますか?

傷跡の脱毛に対しても自毛植毛はよい治療法です。
傷跡の皮膚の状態によっては移植毛の生着率が若干下がることがありますが、傷跡を隠す効果は十分期待できます。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

自毛植毛は身体の他の部位から(たとえばスネ毛)毛を移植する技術なんてものもあるのでしょうか?

植毛(自毛植毛あるいは生毛植毛ともいいます)はご自身のヘアを薄い所や脱毛した所に移動する手術です。通常後頭部や側頭部といった男性型の薄毛にならない範囲の頭髪をドナーとして使います。
おっしゃるようにひげ、胸毛、すね毛などをドナーとして使うケースもあります。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

植毛のお値段は?

植毛のお値段は?

最近、植毛をしようかと悩んでいます。植毛って本数にもよりますが、大体いくらぐらいと見たほうがいいですか?今現在、少し薄いって感じです。また、植毛された方、実際植毛してどうですか?メンテナンス(?)とか費用とか感想とか教えてください。

今年の6月に植毛した者です。
費用は105万円で4千本(実際は4600本)植毛しました。生え際から頭頂部までスカってて毛の隙間に植えてもらいました。

まだ日本では自毛植毛はマイナーで否定的な意見が多いと思いますが私はやって良かったと感じてます。メンテナンスは以前から使用していた育毛剤を使ってるだけで別段、変わった事はしていません。

これは外科手術ですし、全ての人に確実に成果がもたらされるものでは無いかもしれませんのでメリット・デメリットを理解した上で納得されてから手術をされる事をお勧めします。
参考までにいくつかのデメリットについて書いてみます。

1)ショックロス・・・植毛した部位、ドナー採取した周辺の既存毛が一時的に抜ける事。2~3ヶ月位でまた生えてくるが、既に薄毛が進行していた毛根は生える事が無い。私の場合は、既存毛の隙間に植毛しショックロスが起きる可能性が高いと言われてましたが、実際はほとんど移植部のショックロスは起きませんでした。ただ、ドナー周辺はショックロスがあり3ヶ月経過する頃に生えそろってきました。
2)ドナー跡・・・後頭部から1cmの幅で採取します。通常は傷幅1~2mm程度の跡が残り坊主にすると目立ちます。中にはケロイド体質と言って傷跡が1cm近くの幅を持つ場合があるそうです。通常は1年位で目立たなくなるそうですが、私の場合は術後3ヶ月位で1cmの髪の長さにしても目立たなくなりました。
3)クリニック選び・・・全ての自毛植毛が同じ成果をもたらすものでは無く、当然、クリニックによって違いはあります。術式など十分に検討してから決めて下さい。

もともと人間の頭には10万本の毛髪があるそうです。それを数千本移植することによって、「どこから見てもフサ」になるとは言いませんが、少なくとも私の場合は「ハゲ」から「薄毛」レベルにはなりました。また、この手術をする場合、一度に高密度に移植できないために2回3回する人も多いです。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

頭の傷痕に植毛などは出来ますか?

傷跡の脱毛に対しても自毛植毛はよい治療法です。
傷跡の皮膚の状態によっては移植毛の生着率が若干下がることがありますが、傷跡を隠す効果は十分期待できます。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

自毛植毛してから、ちゃんと生えて来るまでにはどれくらいかかりますか?

植毛する際、1~2cm程度の髪の毛を移植するのですが、その髪の毛は1ヶ月程度で抜けます。その後、生え揃うには約半年位はかかると思います。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

自毛植毛って髪伸びるんですか?

人工毛植毛は伸びませんが、自毛植毛は伸びます。
自毛植毛とは自身の後頭部の頭髪を毛根ごと薄毛部分(前頭部・頭頂部)へ移植する手術です。

後頭部の頭髪は男性ホルモンの影響を受けないので永遠に伸び続けます。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

手術の傷に自毛植毛はできるのか?

頭の手術をしたのですが手術の傷が前側にあるので髪を短くすると、傷がまる見えです。
そこで植毛?育毛?ができないのか?
知識のあるかた、教えてください

 

自毛植毛の病院で働いています。

術後の傷に植毛は出来ますが、瘢痕部分の血管はダメージを受けている為、植毛は定着率が50%と言われています。

植毛は通常の髪の密度のようにはいきませんので、100%の完璧を求めるならおすすめはしませんが、目立たなくすくことは可能です。
実際傷跡の植毛を受ける患者さんはたくさんいらっしゃいますので、一度カウンセリングを受けて見られてはいかがでしょう。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

実際の効果や植毛してどう良かったかの感想、金額、関西でいいクリニックなども教えてください。

男性型脱毛症の30代半ばの男性です。

いままで育毛剤や育毛マッサージを色々調べながら行ってきましたが、薄毛は進む一方でした。

植毛に興味があります。
まだ日本ではそれほど有名ではないと思うのですが海外では症例も多いと聞きます。
身の回りで手術をした人の話を聞かないので、実際の効果や植毛してどう良かったかの感想、金額なども教えてください。

自毛植毛の手術を行いました。手術を受ける前に3社ほどカウンセリングを受けにいって最終的にメスを使わない自毛植毛をお願いしました。

私の場合は30代後半から頭頂部の薄さが気になるようになり、雨などでぬれるとペタっと張り付いてしまうようになりました。

いくつか症例を見せてもらったので不安はなかったですが仕上がりはごくごく自然で満足。

なんといっても植毛後、生涯自分の毛が生えてくるというのが感動ですね。
毎日、手鏡をもって洗面所の鏡をのぞきこんだり、抜けた毛を集めるような習慣がなくなりストレスを感じなくなりました。
良い投資だったと思います。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 

おでこ広すぎでハゲにしか見えません。M字も入ってます。

おでこ広すぎでハゲにしか見えません。M字も入ってます。自毛植毛で治す事は可能ですか?

 

植毛は男性型の薄毛に対してだけでなく、“新しい生え際をつくる”目的でも行います。生まれつき広すぎる額やソリが深い生え際、M字の改善に対してもとても有効だと思います。


自毛植毛クリニック比較(総合評価)
自毛植毛クリニック比較(自毛植毛費用)
自毛植毛クリニック比較(店舗数)
自毛植毛クリニック比較(症例数で比較)
自毛植毛クリニック比較(キャンペーン)
自毛植毛クリニック比較(女性にお勧め)

月々5000円の支払いで自毛植毛を受けることができます。
詳細はこちら

自毛植毛、アイランドタワー無料カウンセリング予約はこちらから


自毛植毛、ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから
SBC毛髪再生医療センター 
サブコンテンツ

このページの先頭へ